スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台北をうろつく

  • 2010/04/17(土) 00:42:48

 動けるのは一日のみ。ホテルのある「西門站」からMRT(地下鉄)で「台北車站」へと移動。

 西門站すぐ近くの西門紅楼。かつての日本の市場。現在は、カフェや映畫館になってゐる。

  西門町 西門紅楼

 臺灣最大のターミナル驛、台北車站。

  台北車站

 ちょっと中に入ってみる。

  台北車站内部

  台北車站内部 キップ売り場

 続いてMRT淡水線で「中山站」へ。アメリカ領事館を改築し、映畫館とアートスペースとなった「台北之家」(光點台北)へ。

  光點台北 台北之家

 かつて「大正町」と呼ばれた日本人街で、今や日本人駐在員のナイトスポットの「林森北路」。日中は閑散としてゐる。生まれ育った、かつての澁谷のセンター街や円山町のやうな雰圍氣。

  林森北路のクラブ・スナック街

 MRTを乗り継ぎ、板南線「忠孝新生站」から、台北電脳街のメッカ「光華數位新天地」へ。ビル内には、電脳系のテナントがひしめき合ふ。目當ては、日本の映畫やドラマのDVDショップ。

  光華商場の光華數位新天地ビルと女學生  光華數位新天地ビルのにぎわい

 ビル内の數店舗をハシゴし、どっさり買って歸った。買ったのは「古畑任三郎」「トリック」などのドラマ。「8時だよ 全員集合」の最新版。映畫「蘇る金狼」「おくりびと」「冬の華」「たそがれ清兵衛」「博士の愛した数式」「白い巨塔(田宮二郎)」「風の谷のナウシカ」「もののけ姫」「魔女の宅急便」「トリック 劇場版」など。侯孝賢(ホウ・シャオシェン)の日本語字幕入り全集を探したが、見つからず。

 ビルの裏は、「八徳路電脳街」。さながら秋葉原の裏道のやうな趣。

  光華數位新天地ビルの裏は秋葉の裏道の雰圍氣
 

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。