FC2ブログ

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SIMロック解除、携帯市場の大きな転機に(携帯電話)

  • 2010/04/03(土) 08:50:22

 いよいよ日本でも、携帯電話のSIMフリー化に向けて動き出すやうですね。

SIMロック解除、携帯市場の大きな転機に(2010年4月3日08時42分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20100403-OYT1T00168.htm

 携帯電話端末を、通信契約した携帯電話会社経由でしか使えないようにしているSIMロックについて、NTTドコモなど携帯大手4社と端末メーカーの業界団体が2日、原則解除で合意した。

 利用者は携帯端末を自由に選べるようになり、日本の携帯電話市場は大きな転機を迎えることになった。


 ちなみにソフトバンクは「端末価格が高騰しかねない」との懸念を示したとのこと。そりゃ「携帯タダ!」なんて煽って売ってきた業者ですから、反対したいところでせう。しかし、実際は割賦販売契約+その間、通信業者固定(解約すれば違約金)なんてことを長年やってきたわけです。最近ではこんな事件も起きるやうになってゐます。

中古携帯の利用者に相次ぐ“災難”、訴訟発展も(2010年4月2日17時39分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20100402-OYT1T00834.htm

 前の所有者が代金を完済していなかったり、盗品だったりした携帯電話機を中古販売業者などから購入したユーザーが、携帯電話会社から利用を差し止められる“災難”が相次いでいる。

 未払い品や盗品については、発覚し次第、携帯各社が利用を制限するためだ。大阪地裁では、中古携帯を買った大阪市内の女性が、前の所有者の未払いが原因で通話やメールを制限されたことに反発し、携帯大手「ソフトバンクモバイル」(東京都港区)に制限解除と損害賠償を求める訴訟を起こす事態にまで発展している。


 「通信機器の購入」と、「通信網の利用契約」とをひっくるめてしか契約できなかったから、こんなことになるわけです。まぁ、パソコン本体の購入とインターネットの利用契約をひっくるめて契約するやうなものです。まだ完済してゐないパソコン本体を売り払って、その月賦を払はないままでゐたら、なんとその本体を中古で買った人がインターネットに接続できなくなった! そんな奇妙なことが、携帯市場では起きてゐるわけですね。

 ソフトバンクさんが「携帯価格が高騰する」と言っても、消費者には取り立ててデメリットといふものはないでせう。まぁ、これまでの買ひ方に慣れた人は、「いきなり全額なんてあり得ない!」とか思ふかもしれません。それなら、普通にショッピングクレジット(分割払い)で買へばいいわけです。

 今までの販売方法は、実際は分割払いなのに、あたかもタダで手に入るやうに煽るやうなやり方で、しかもその月賦の期間、必ず指定の通信業者と利用契約をしなければならなかったわけです。今後は通信業者の縛りがなく、純粋に電話機の代金だけを分割支払できるわけです。ですので、よく考へれば、メリットの方が大きいことに気づくと思ひます。
 
 今後は最初から価格を表示しなくてはならなくなるので、むしろ市場は、より健全な競争状態に入り、端末価格は、長い目で見れば、むしろ安くなっていくのではないかと思ひます。またSIMカードや携帯端末単体の販売だけではなく、これまでのやうな「通信業者指定ならさらにお得」といふやうなプランも展開されていくのではないかと予想してゐるのですが、どうなりますでせうか。
 
スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。