スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心の原風景

  • 2010/01/06(水) 00:03:58

 旅の広告などでよく見かける、「心の原風景」といふ言葉。わかったやうなわからないやうな言葉だが、なんとなく、誰でもそのやうなものを持ってゐるやうな氣がしてしまふ。現實には見たこともない、或いはどこの何の風景かを思ひ出せないのに、懐かしく感じてしまふ風景。宮崎駿の映畫など、それだらけのやうに思ふ。

 去年だったか、こんな夢を見た。

 真夏の暑い日に、飛び込みの営業に回ってゐた。ネクタイを締め、上着を着て、全身に汗を滲ませながら、アテもなく、田と畑の間の砂利道を歩いた。

 もう日が傾きかけてゐた。ふと見ると、2階建てくらゐの、古い団地の建物が、土手の上にあった。黄土色の外壁は、雲一つない夏の濃い西日に照らされ、強いコントラストを映し出してゐた。大きな窓にはすだれが掛かってゐたり、ぽっかりと黒い穴を開けてゐたり。私は急に懐かしい心地になり、そこに立ち止まった。

 土手から降りる砂利道の端では、汚れた半ズボンにランニングシャツの子供達が、しゃがんで互ひの頭を寄せ合って何かしてゐたり、騒ぎながら走り回ったりしてゐる。砂利道の真ん中では、割烹着の母親達が、買い物カゴを片手に井戸端会議をしてゐる。あと數分もすれば、母親達は「もう晩ご飯だよ、家へお歸り!」と子供達を怒鳴りつけて、散會するに違ひない。鳴きしきる蝉の聲と、一層コントラストを強くした夏の空と団地と砂利道。

 少年がこちらに駆けてくる。少年は無表情だが、間違ひなく、何かを求めて、私の横を駆け抜けて行く。私は少年の陽に焼けた顏や細い腕に、容赦なくあたってゐる真夏の西日の暑さと、そこらにてんでに生えてゐる草の熱い匂ひ、そして間もなくすれば夕暮れとなる焦りと寂しさを、その少年が感じるやうに感じ取ることができた。

 その瞬間、胸の奥から強烈な、懐かしい思ひが込み上げて來て、抑へることが出來なかった。私はその場で口を押さえ、嗚咽するのをこらへた。そしてしゃがみ込み、聲を殺して泣いてゐたのだった。

 もう、あの少年のやうに夏を感ずることは出来まい。ただの夢だが、今も鮮明に心に殘ってゐる。

 こんな話を書いたのも、今日、畫像検索をしてゐて、偶然この寫眞を見つけ、懐かしい夢の風景を、再びまざまざと思ひ出したからなのである。

 omotesandou.jpg

 畫像は、現在の表参道ヒルズが建つ前にあった、同潤會アパート(寫眞の出所不明)。建物の雰圍氣や色彩が、夢の風景に近いが、夢の中の建物は、もう少しさっぱりとした、余計なものがないやうな造りだった。そして畫像のやうな横並びではなく、一棟の後ろにもう一棟あるやうな配置だった。そして、こんなに整った道に沿ってはゐなかった。
 

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。