スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初の台北 その4 士林夜市

  • 2009/12/06(日) 21:49:59

 台北市民管樂團訪問を終へたら、もう23時前でした。蘇さんたちとお別れして、晩飯を食べにタクシーで士林の夜市へ。台北のタクシーは安いので、時間が限られた中での移動は、タクシーが便利です(ラッシュ時は避けたはうがよいけれど)。

 台湾の観光名所の一つが夜市ださうです。普通のショップは9時か10時ぐらゐで閉店なのですが、夜市は深夜まで夜店が軒を連ねるのです。各地の夜市にはそれぞれ特色があって、その中でも最も規模が大きいのが士林の夜市だといはれてゐます。

 yoichi00.jpg

 この雰囲気、アメ横そっくりです。ファッション系の店が中心で、CDやDVDを売る小さな店や、軽食の店や屋台が並びます。そんまんまアメ横ですね(笑)。

 お土産に「古畑任三郎」のDVD全集を買ってきました。正規盤のやうですが、非常に安いです(800元→2400円)。他、日本のTVドラマを全話収録したものが、沢山あります。大河ドラマや、日本でも人気のドラマは、台湾でも人気のやうです。ただ、買はうとすると、「コピーもあるよ」と言ってきますので、ご注意を。値段はさらに安く半額の400元ぐらゐですが、大抵は劣化コピーのやうです。市内の大手ショップでも、正規版が日本よりずっと安く買へるので、無理して劣化コピーを買って、さらに成田の税関で全品検査なんてことになったら、面倒です。正規盤を買はれることをお勧めします。

 デパートの屋上のやうな、こんな懐かしい光景も見られます。アレンジボールとか雀球とか、世界遺産になりませんかねぇ。
 yoichi02.jpg

 本日のディナーは屋台で。大好物の担仔麺と青菜の炒め。両方頼んでも、70元ぐらい。安くて美味しくて、裸電球の薄っ暗い雰囲気にもピッタリ。
 yoichi01.jpg

 そんなに沢山のメニューはないので、屋台をハシゴ。アメリカンドッグみたいに売ってる香腸をパクつき、スイカジュースの大盛りで、腹がゲフンゲフンになりました。チープですが、大満足。

 ちょっと気をつけたはうがいいのは、名物「臭豆腐」。豆腐の表面を発酵(植物の汁とか納豆菌とか)させたもので、文字通り臭いです。どんな風に臭いかといひますと、チラッと「ウ○コ」臭い感じです。これを屋台で揚げたり焼いたりしてゐるので、街角でいきなり臭ってきます。印象は、タイのナンプラーみたいな感じです。バンコクでも屋台のある通りを歩いてゐると、かういふことはありますね。「かういふものか」といふ免疫がないと、きついかも知れません。美味しいらしいのですが、私はとても食べる気にはなれませんでした(笑)。

 それと、ビールは軽食屋とか屋台では売ってないですね。ホテル近くのコンビニで調達して、部屋で飲みました。つまみは、近所の屋台の串焼き。これが焼き立てで美味いです。

 観光で来てゐたら、街中の色々な店で食事したいところですが、今回みたいに時間がないとき、手っ取り早く台北の夜の雰囲気を味はひたいときは、夜市もなかなかよいと思ひます。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。