スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

迷惑電話その1

  • 2009/11/12(木) 00:11:59

 一時期、通信關連の營業電話が、よくかかってきた。「そちらの地域のデジタル電話回線の切替工事が終了しましたので」といふ枕詞の後、「安く使へるブランを紹介する」とか、「屋内回線のデジタル切替工事をしたいので、その説明に伺ひたい」とかの類。こんな感じです。

「屋内回線と言っても、ビルの問題だからビルオーナーに連絡して下さいよ」
「いや、違ふんですよ。ビルの中で回線が分岐しますよね。そこからそちらの事務所に入っていくんで、そこをデジタルにする工事なんです。だから、ビルオーナーは關係ないんです」← そんなわけがない。ビルの所有権はオーナーのものだから、造作も許可がゐる。

「デジタルにしないとどうなるのですか」
「もうNTTはデジタルに切替へてゐますので、電話が使へなくなります。電話をお使ひになりますよね?」← 暗に電話を使ひたければ工事は絶対必要と匂はす

「使へなくなるって仰るけれど、いつ使へなくなるんですか」
「NTTの工事が完了したらすぐですよ」← 「すぐ」がポイント。地域の工事は既に完了してると自分で言ってる。

「だから、いつなのですか」
「それは地区毎に違うのですけれど… なんかウチのこと変な業者と間違へてません?」← 論旨すり替へて、善良な業者をこっちが疑ってゐるような立ち位置にしようとする。

「え? 使へなくなるのがいつなのか、といふ質問をすると、業者を疑ってることになるのですか? 知らないから聞いてるんですけど」
「大分前にNTTの告知があったはずですよ、知らないんですか。」← 相手の無知をくすぐって、さらに優位に立たうとする。

「知らないですよ。でももし本当に工事しないと使へなくなるくらゐ大規模なものだったら、『地デジ』みたいに大々的に宣伝してるんぢゃないですか?」
「いやぁ、もう告知してるんで、切り替へないとそのうち電話使へなくなりますよ」← ネタが尽きたか、電話が使へなくなるといふ話しばっか。

「だから、勝手に回線とか弄るわけに行かないんですよ。回線は建物の共有部分を通るわけだし、設備工事をするとなれば、専有部分でも大家さんの許可が必要なんですよ。」
「まいったな~、さういふとこぢゃないんっすよ、はは…」← もう無理なんだろう。でも笑ひが出たらこっちのもの。

「おい、なに、笑ってんだよ?」← ここで急にため口にする
「へ?」
「今、笑っただろ。こっちの仕事中断させといて、馬鹿にしてんの?」
「え、いや、さうではなくて、よく笑ってるやうな声と間違へられるんで…」← 何ガンつけてんだよ:いえ、目が惡いんでよく間違へられるんです の關係

「あ? そんぢゃこっちが間違ってるってのか? 人が仕事中断させて真面目に對應してんのに、馬鹿にしてるわけだ?」
「そんなことないですよ、笑ってませんよ」
「どこ電話かけてるかわかってる? 不動産屋相手に、ビル内設備の権利關係をのらりくらり言ってんぢゃねーよ。うっし、そんなに言ふなら大家さんから電話して貰ふから、そっちの電話番号と貴方のフルネーム…」
「…ガチャ」

で、10秒後ぐらいにまた電話、出るとガチャ切り。また電話、でガチャ切り。頭に來たので、早速その本社の電話番号を探し出し、電話でクレームつけた。

でも、ここ數ヶ月、掛かってこなくなりましたね。クレームが増えて、指導でも入ったのか。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。