スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バンコクから(のはずだった) その3 世界遺産アユタヤ観光

  • 2009/08/21(金) 00:15:42

 バンコクの寺院ツアーは、もう二度も行ってるし、カミさんもこないだ行ったので、今回は、世界遺産に登録されている、バンコクから北方へ80kmのアユタヤ遺跡に行きました。今回もパンダバスさんのお世話になりました。

  アユタヤ周辺

 バンコクを流れるチャオプラヤー川とその支流に圍まれるように、アユタヤの町があります。14世紀中頃から18世紀中頃まで、ここに國際都市「アユタヤ王國」があったのですが、ビルマ(現在のミャンマー)と度重なる戰ひを經て、1767年、つひに陷落してしまひます。その際ビルマ軍によって、王宮、寺院、佛像など、あらゆる建造物が破壊されました。さらに、悉く首をはねられた佛像の姿には、胸が締め付けられる思ひがします。

 最近、會社がミャンマー人から裁判で訴えられ、ミャンマー人の氣性の荒さと言ひますか、自己中心的に正義を主張し、他を完全否定する態度といふものを味はったばかりでした。250年も前の蛮行の痕を目の當たりにして、妙に合點が行きました。


■ 初代王、ウイートン王によって建立されたワットヤイチャイモンコン

  ワットチャイモンコン セイロン風佛塔  ワットチャイモンコン 涅槃像

  ワットチャイモンコン 佛塔の階段  ワットチャイモンコン 佛塔からの眺め  ワットチャイモンコン 佛塔の階段2


■ 木の根に取りこまれた仏頭のあるワットマハタート

  凄まじい破壊の跡。原形を想像することも出來ません。
  ワットマハタート 破壊された佛塔

  ワットマハタート 破壊された佛像  ワットマハタート 取り残された佛頭

  各地より集められた佛像のかけら
  ワットマハタート 集められた佛像の一部
  修復作業が行はれてゐます。破壊は一瞬でせうが、
  元に戻すには大變な時間と精神と勞力が必要です。

■ 象さんにのってお散歩(氣を取り直して・・・)

  アユタヤ ゾウさん


■ 3人の王が眠るワットプラシーサンペット

  ここに高さ16mの金色の佛像があったなど、誰が想像できるでせうか。
  ワットプラシーサンペット 遺った3塔と廃墟  ワットプラシーサンペット 原形を失った建造物

  ワットプラシーサンペット 廃墟と草の道  ワットプラシーサンペット 回廊  ワットプラシーサンペット 窓の向こうに1

  ワットプラシーサンペット 窓の向こうに2


■ ワット・チャイワッタラーム

  ここもビルマ軍により破壊されましたが、見事に再建されました。
  ワットチャイワッタラーム
 

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。